利益相反(COI)New

【お知らせ】利益相反申告について

日本組織適合性学会会員各位
 本学会における活動においては、自己の利益に偏らずに実施することが必要ですが、時には自身の私的活動と研究活動との間に「利益相反状況」が生じることがあります。そのような場合は、「利益相反状況にある」ことを開示した上で活動することが求められます。
 具体的には、学会発表、学会誌(MHC)での論文等の発表、学会の役員(理事、監事、評議員)活動を行う場合には、利益相反(Conflict of Interest: COI)状況を適切に申告していただくこととして、以下にあるとおり、規則(JSHI_COI規則)を制定しました。
 学会発表を行う際にはCOI申告_様式1(1-Aもしくは1-B)、学会誌(MHC)で発表を行う際にはCOI申告_様式2、学会役員に就任する場合にはCOI申告_様式3を使用して、適切に申告してください。なお、COIがあるとして申告する範囲については規則(JSHI_COI規則)に記載していますので、参照してください。