日本組織適合性学会


QCWS : Quality Control Workshop について

 認定委員会の主催で、会員を対象にして、HLA検査技術の向上をめざして行っています。DNA検査部門と、抗体検査部門があり、どちらも参加できます。

・第22回 QCWS 解析報告集


第23回 QCWS 日程

2019年2月28日

  参加申し込み締め切り

2019年4月9日~14日

  DNAサンプル、抗体サンプル(原則ラボ単位で配布)

2019年4月下旬

  全血サンプル(日本移植学会より配布)

2019年5月下旬

  データ提出締め切り(原則電子媒体による)

2019年6月~8月

  データ解析および解析結果の公表(公式サイト、データCD)

2019年9月21日(予定)

  QCWS集会(第28回日本組織適合性学会大会)


第23回 QCワークショップ文書

・QCワークショップのご案内(pdf)

・QCワークショップ参加申込書(docx)

・QCワークショップ集会事前申し込み書(docx)

・QCワークショップ同意誓約書(pdf)


2019年度・初心者講習会参加希望者募集

 日本組織適合性学会では、学会大会プログラムにおいてQCワークショップや技術者講習会を開催し、学会員の組織適合性検査に関わる知識や技術の向上を目指しているところです。 しかしその一方で、近年のワークショップ集会や講習会の内容は専門的あるいは、最先端の話題を中心とする傾向があり、組織適合性検査における基礎的な内容まで網羅する時間を確保することが難しい状況です。 そこで、今年度もHLA検査での経験が浅い方あるいは、これから携わる予定の方々を対象に、最低限必要な基礎知識の習得と、誰にも聞けない不安や疑問を解決することを目的とした「初心者講習会」を大会期間中に開催することと致しました。参加には事前申し込みが必要ですので、以下の事項および講習会開催予定をご覧頂き、必要事項を申し込みファイルにご記入のうえお申し込みください。


・2019年度初心者講習会募集要項および講義予定掲載文(docx)

・2019年度申込書(docx)


ワークショップの歴史

 1974年から抗血清を用いたHLAワークショップが開催されてきましたが1994年で終了し、1997年からはDNAを用いたQCワークショップが開催されるようになり、さらに2005年からは抗体部門も開催され、現在に至っています。


・QCワークショップの記録(1~21回)

・HLAワークショップの記録(1~11回)


QCWS参考プロトコル集

DNAタイピング

・DNA抽出

・PCR-SSP

・PCR-SSO(INNO-LiPA)

・PCR-SSO(Luminex)

・PCR-SBT


抗体検査

・FlowPRA

・LABScreen

・C1qScreen

・WAKFlow

・LIFECODES_LXM

・LIFECODES_LSA

・LIFECODES_C3d

・ICFA

・MPHA法


クロスマッチ

・クロスマッチ