C.HLA抗原系とT細胞との相互作用

 T細胞の抗原認識機構は,必ず自己のMHC分子と外来抗原との共存が必要である.自己のHLAクラスII分子と消化されたペプチドとの複合体をヘルパーT細胞 (Th) が認識することにより免疫応答反応が開始される.このような現象をMHC拘束性と呼んでいる.ウイルス抗原は,マクロファージまたはウイルス感染細胞に提示される,提示されたウイルス抗原は,自己のクラスI抗原分子と共に細胞傷害性T細胞 (Tc) により認識され,細胞傷害性T細胞により直接破壊される.